安いパーソナルジムは大丈夫!?
安いパーソナルジムを選ぶには注意が必要
ライフフィットジム吹田
トレーニングにも リスクがある

トレーニングは怪我と隣り合わせ!自分にあったパーソナルジムを選ぼう!

トレーニングすることは、姿勢改善や筋肉が大きくなることで見た目が良くなる、ダイエットに成功するなどメリットが多いですが、怪我のリスクもあることをきちんと理解することが重要です。

 

まだ若くて運動経験も豊富、姿勢も悪くなっていないような人であれば、多少知識の少ないパーソナルジムでも一般的なトレーニングで追い込むことができれば安いジムでも全く問題ないと思います。

 

しかし、今まで運動をしてこなかった人で、姿勢が悪くなっており、膝や腰も少し痛みがある方にとっては、知識や経験の浅いパーソナルジムでは怪我のリスクが高くなってしまうのでおすすめできません。

安いパーソナルジムを選ぶリスク
Check!
トレーニング経験がある方や姿勢が崩れていない20代の人は問題ない
30代以上、トレーニング経験がない人、膝や腰に不安がある人は、専門家のいるパーソナルジムを選ぶべき!
Point
1

身体のことを知り尽くした理学療法士によるパーソナルジム

吹田市にあるライフフィットジム吹田では、元プロラガーマンの理学療法士・アスレティックトレーナーの資格を持つトレーナーがパーソナルトレーニングを行います。病院やデイサービスでのリハビリ、大学ラグビー部でのトレーニングコーチなども経験し、膝や腰に不安のある方でも姿勢改善や各関節の治療を行ってからトレーニングを行います。いきなりスクワットなどのトレーニングを行うことは危険です。特に腰痛などの症状がない人でも、腹筋のインナーマッスルがうまく働いていない人や腰椎がずれている人もいるので、それらの問題点を改善してからスクワットやデッドリフトなどのトレーニングを行うようにしましょう!

Point
2

身体の構造と機能に基づいたトレーニングフォーム

一般的に知られているスクワットやデッドリフトに関しても、ほとんどの方が正しく行えていません。若いうちは怪我をしていなくても、30代を過ぎるとヘルニアやぎっくり腰をしている人は多くなります。30代以上でこれからトレーニングを行う人は正しいフォームを指導してくれるパーソナルジムを選びましょう。正しいフォームは知っていても人それぞれ足首や股関節などの可動域は異なるためフォームも当然のことながら異なってきます。指導経験の少ないトレーナーは、全ての人を同じフォームに当てはめてしまうこともあり注意が必要です。

Point
3

姿勢やからだの動きが良くなるトレーニング

吹田市にあるライフフィットジム吹田では、ただ単に筋肉を大きくするようなトレーニングではなく、姿勢やからだの動きが良くなるようなトレーニングを行います。正しいトレーニングは姿勢が良くなりますが、姿勢を悪くさせるトレーニングもあります。その点をしっかりと理解した上、それぞれの人に合ったトレーニングでプログラムを作成することが重要となります。闇雲にベンチプレスを行うことだけはやめましょう。姿勢を良くするためには背中の筋肉だと懸垂ばかりすることも巻き肩や猫背の原因になることもありますので、気をつけてください。

Access

体の構造的に正しい姿勢や体の動かし方を身に付けるトレーニングを実施

概要

店舗名 ライフフィットジム吹田
住所 〒565-0852
大阪府吹田市千里山竹園2-7-2
Google MAPで確認する
電話番号 06-6170-2015
営業時間 平日9:00〜12:00/14:00〜20:00
土曜日 10:00~13:00、水曜日午前のみ
定休日 水曜日午後・日曜日・祝日

アクセス

ただ単に体を鍛えるだけでなく、人体の構造に基づいた正しい姿勢や体の動かし方を身に付けるトレーニングを行います。意識しなくても、自然に体に負担をかけずに動かせる様になることを目指して、メニューを組みます。
お気軽にお電話でご連絡ください
06-6170-2015 06-6170-2015
平日9:00〜12:00/
14:00〜20:00
土曜日 10:00~13:00、
水曜日午前のみ
特徴

正しい筋トレを受けるならライフフィットジム吹田

体の構造と機能に詳しい理学療法士トレーナーが指導

吹田市にあるライフフィットジム吹田では、理学療法士・アスレティックトレーナーの資格を持つ元プロラガーマンのトレーナーが体の使い方(姿勢・呼吸・歩き方など)を分析し、必要なストレッチ・エクササイズ・トレーニングメニューを提供いたします。

 

安いジムは、値段は安いですがデメリットもあることを知っておきましょう。体に不安がある、姿勢が歪んでいる、靴底の減りが偏っているなど思い当たる方は、安いジムを選ぶことはリスクが大きいと考えます。

 

体の使い方が悪ければ、肩こりや腰痛、頭痛なども改善しにくくなりますし、ダイエットの効果も低下してしまいます。ぽっこりお腹やたれ尻、老けた姿勢、怪我や関節の変形の原因にもなってしまいますので、体の使い方が気になる方は是非一度お問合せください。

 

Contact

お問い合わせ